太陽光発電に関する用語について、詳しく丁寧に解説するサイト『太陽光発電の用語集』
太陽光発電に関する用語について、詳しく丁寧に解説するサイト『太陽光発電の用語集』

太陽光発電とは太陽からのエネルギーである日光を太陽電池を使って電気に変えるための
システムで、再生可能エネルギーとしても注目されています。
燃料を一切必要とせず、空気汚染もないことが特長のエコロジーな発電システムです。
今までは長期的に無補給で電源供給の必要がある宇宙空間、小型電子機器の電源として利用
されてきましたが、近年では環境問題への関心の高まりから一般家庭や一般企業での使用も
増えてきました。
しかしまだまだ、太陽光発電に馴染みの無い方も多いでしょう。
そこで、このサイトでは太陽光発電に関する用語を解説します。
これから家庭に設置しようかとお考えの方のお役に立てれば幸いです。

太陽光発電

太陽電池と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換するエコロジーな発電方式のことです。

太陽電池

シリコンなどの半導体で作られており、この半導体に光が当たると日射強度に比例して発電する仕組みになっています。

系統連系

太陽光発電システムを電力会社の送電網に繋げる形態です。太陽電池モジュール→パワーコンディショナー→商用電源という接続形態を取ります。

温室効果ガス

太陽からの日射エネルギーを通過させ、反対に地表から放射させる熱(赤外線)を吸収し、熱が地球の外に出て行くのを防ぐ性質がある大気中のガスのことです。

太陽エネルギー

太陽から太陽光として地球に到達するエネルギーを指します。ソーラーエネルギー、ソーラーパワーなどとも呼ばれます。

セル

太陽電池としての発電機能をもった最小単位であり、太陽電池の基本単位で、太陽電池素子そのものをセルと呼びます。