太陽光発電に関する用語について、詳しく丁寧に解説するサイト『太陽光発電の用語集』

●●●その他●●●

【温室効果ガス】

太陽からの日射エネルギーを通過させ、反対に地表から放射させる熱(赤外線)を吸収し、
熱が地球の外に出て行くのを防ぐ性質がある大気中のガスのことです。
二酸化炭素、メタンガス、一酸化二窒素、代替フロン等の6種類があります。
温室効果ガスの働きによって地球の平均気温は約15℃に保たれていますが、ガスがないと
地球はマイナス18℃になってしまうといわれています。
しかし近年では人間の活動によって、大量の温室効果ガスが大気中に放出されて地球温暖化
を加速している問題があります。

【キロワット】

キロワット(KW)は瞬時の発電電力を示し、KWHは1時間あたりの発電電力量、または
ある時間帯・1日の消費または発電電力の時間積算値を示します。

【変換効率】

太陽電池モジュールの変換効率は、1平方メートル当たり1KWで照射される光エネルギー
をどれだけの電気エネルギーに変換できるかで表します。

【逆潮流】

太陽光発電システムで発電された電気の中で自家消費されなかった分が、電力会社に送り出
される事です。
一般的に「売電」の事を言います。

【自立運転】

電力会社が停電した場合の非常用電源として使える機能です。
最大1500Wまで使用できる専用コンセントを設置します。