太陽光発電に関する用語について、詳しく丁寧に解説するサイト『太陽光発電の用語集』

●●●形態・契約●●●

【系統連系】

太陽光発電システムを電力会社の送電網に繋げる形態です。
太陽電池モジュール→パワーコンディショナー→商用電源という接続形態を取ります。
発電量が利用量を上回る分は、電力会社に買い取って貰うことができます。
これによって、発電した電気が余った場合は電力会社に売り、足らない場合は電力会社から
買う事が出来ます。

【分散型電源】

電力を使用する側に電源を設置し、発電する形態のことです。
分散型発電では電気を作る時に発生する熱も一緒に利用するコージェネレーションが容易に
なり、送電や変電のロスを減らせるなどの利点があります。
また小規模で実施されることが多い分散型発電では、太陽光発電や燃料電池、風力発電など
の再生可能なエネルギーを利用しやすく、地球温暖化防止の観点からも注目されています。

【時間帯別電灯契約】

時間帯別電灯契約とは、昼間の電気料金を割高にする分、夜間料金を割安にする料金制度で、
単価を昼間・夜間の2つに分けて計算する電気料金プランです。
昼間の電気料金は約30%アップと割高になりますが、その分夜間の電気料金は70%オフ
と割安になる契約です。
この夜間電力をうまく利用して、洗濯機や食器洗い機はタイマーをセットして割安な電力の
深夜に稼動するようにすることで、経済効果を高めることができます。

【オール電化】

オール電化とは、家中のエネルギーをすべて電気でまかなうライフスタイルです。
家庭内でガスを使ったり火をおこすことなく、電気だけで調理可能なクッキングヒーター、
給湯システムを採用し、安全・安心で快適な暮らしを実現します。