太陽光発電に関する用語について、詳しく丁寧に解説するサイト『太陽光発電の用語集』

●●●器械●●●

【太陽電池】

太陽の光エネルギーを吸収して直接電気に変えるエネルギー変換器です。
シリコンなどの半導体で作られており、この半導体に光が当たると日射強度に比例して発電
する仕組みになっています。
太陽電池はその構成単位によって「セル」「モジュール」「アレイ」と呼び方が変わります。

【セル】

太陽電池としての発電機能をもった最小単位であり、太陽電池の基本単位で、太陽電池素子
そのものをセルと呼びます。


【モジュール】

セルを必要枚配列して屋外で利用できるよう樹脂や強化ガラスなどで保護し、パッケージ化
したもので太陽電池パネルとも呼ばれます。
セルをつなぎ合わせて1枚のパネルにしたもので、製品としての最小単位です。
どのモジュールを何枚組み合わせるかによってシステムの発電量が変わります。

【アレイ】

モジュールを複数枚並べて接続したものをアレイと呼びます。
屋根等にモジュールの設置が完了している状態です。

【パワーコンディショナー】

太陽電池が発生する直流電力を最大限に引き出すよう制御するとともに、家庭内で使用可能
な交流電力に変換するための機械です。
電力会社からの配電線に悪影響を及ぼさないようにする連係保護装置を内蔵しています。

【分電盤】

電力を建物内の各電気負荷に分配する機器です。
パワーコンディショナの出力と商用電力系統との連系点になり、太陽光発電システム専用の
ブレーカが必要です。